<< August 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
27年目
当地に開院し、27年目を迎えた
思い出せば、色々な事があった

貯金も無く、銀行にお金を借りるにも担保も無かった
そのような事情でも…
「事業計画と将来の展望」と言う題で書いた文章で、融資して下さった銀行があった
今じゃ、全く考えられない事であろう

土地を買収するのに半年間、毎週地主さんの家に通った
地主さんは、とても優しいおじいさんだったが売買には頑固だったなぁ〜
病院を建ててるとき、もう無職だった
だから、大工さんの下働きをして頑張ったよ



チョット手狭なので、二間を一間にするためにハンマーを買ってきて壁を壊し取り払った事もあった
そしたら、雨漏りが…
この仕事場には、そんな思い出がある
そのような所に、多くの方がいらっしゃって下さった

これからも、気を新にして頑張ろう!

スーツ
手術後に着る、服です
体型にフィットするように、伸縮性の織りで作られています
要所、要所がメッシュになっており動きやすく、しかも蒸れもありません
また排泄するにも、服を脱ぐ必要が無いんです

布を織ったのは旭化成(と聞いてます)
そして製造したのは帝人です!
とっても良い製品です!



今日は、大腿骨と骨盤をつなぐ関節を手術した子が着ています
手術したばかりなので、手術部位から多少出血があります
そのため、手術部位をチョット圧迫するためピンクのホータイを巻いてます!

眼が開いたまま
  • 2008.08.26 Tuesday
  •  
我が家には、数え切れないくらいくらい大勢の猫がいます
その中で、一番大きい猫は…
食餌も取りません
水も飲みません
しかも毛が抜けないんです
そんな猫が、キャットタワーの上の方で家の中をジーッと


横隔膜ヘルニア
食道裂孔とは、食道が横隔膜を貫通する部位を言います
この部分が交通事故により裂け、脾臓と脂肪が胸腔内に入り込んでしまいました
交通事故で体に大きな力が加わることで横隔膜が傷つくことで起こるため、外傷性ヘルニアと呼ばれています

血液状態は良いのですが、胸の中の脂肪量が増え呼吸と心臓の状態が悪くなる気配
このままでいると、呼吸の悪化が増すばかりなので手術に
全身麻酔で呼吸を停止させ、人工呼吸器を装着しての手術です

お腹を切り、肝臓を横にどけ、胃を引っ張りながら…
各臓器を傷つけないように、慎重に慎重にチョットずつ…
5分、10分、15分と時が経つに連れ…
徐々に、肺の中の物が出てきます


足跡
お寺の入り口に、コンクリートが新しく打たれてた
そしてそこに、犬の足跡が…
結構大きい
体重が20圓蓮△△襪も



このお寺は文化財扱いになっている
この足跡も…その一部になるのかな?

暑中見舞い<真希>
いつも散歩に行く海であまりにも夕日がきれいだったので
愛犬ごうと写真を撮ってみました
素人ながらなかなかの出来!



ごうの飾り毛がなびいてすごいことになってますが…
どうして夕日はこんなにも人の心を動かしてしまうんでしょう      
          
半年間、ここで実習していたVTの卵だった学生さんからのメール
本当に夕陽は良いですよねぇ〜
私が北海道で学生をしていた頃に見た西の空に沈む夕陽…
野幌の開拓記念公園から見る夕陽が好きでした!

脱腸
世間で「脱腸」と言われる病気は、この世界では「鼠径(そけい)ヘルニア」と言われます
 鼠径とは太ももの付け根の部分
 ヘルニアとは、体の組織が正常な位置から逸脱した状態

つまり「鼠径ヘルニア」とは…
強い腹圧などにより、お腹の中の臓器が鼠径部の筋肉と筋肉の隙間から出てくる病気です
この「隙間」が大きな場合は、腸の一部や膀胱が出る場合もあります



治療は外科的手術しかありません
飛び出した臓器をお腹の中に戻し、隙間を縫ってふさぎます

箱入り息子
  • 2008.08.18 Monday
  •  
おぃおぃおぃ!
箱にきっちり収まって…
ん〜どこに送ろうかなぁ?


昼寝
  • 2008.08.17 Sunday
  •  
朝から涼しく過ごしやすい
そんな昼は
いつもデスクの上で爆睡の宙猫である



なぜか…パソコンの横が良いらしい
しかし困った事がある

キーボードのキーの隙間に抜け毛が入り込み
打ち込めなくなった文字があった事もびっくり

また勝手に文字が打ち込まれ
宙からのメッセージの解読に苦しんだ事も見る

とりあえず、可愛いから許すか!

雨の後、虹が出た
こんなに綺麗な虹を見たことが無い
色がハッキリとして、しかも2重に出ている!



道行く人の多くが、空を見上げてる
また写真を撮ってるヒトもいる
(まぁ〜自分もその一人であるが…)



捕虜?
  • 2008.08.15 Friday
  •  
ニャーニャーと大きな猫の合唱が…
その方向を見ると…猫たちが
しかも網が張られた中にである



「ん?…出たいの?」
“ニャーニャー”
「出たくても出られないの?」
“ニャごニャーゴ”
「ん〜??」

眼を遠くにやると
ヒトも出入りの出来る大きな入り口がある…

「出られるんじゃん…
 日向ぼっこかい?」
“ニャッ”
「ぁぁそっ!」

ドライブ
  • 2008.08.11 Monday
  •  
初ドライブに出た、暁(あき)ちゃん
物心付いてから初めての車なので、ヘッピリ腰



「おぃおぃ、腰が引けてるぞぉ〜」
対向車が来るのが恐いらしく…逃げ腰気味

ん?
何々?
恐いのは…運転だって?
いいえ〜私はいつも安全運転ですっ!

感動した話!
タクシーで、来院する方も多い
そのような中で、猫をケージに入れ乗車された方が自宅へ帰る途中で降ろされたと言う
運転手の方が、動物嫌いだったと言うのである
動物病院へ来た方を乗せるのだし、キャリーを持っている
当然、動物が居る事は予想できる
動物嫌いなら、乗せる前に乗車拒否をすれば良い
または電話で呼んだので、配車係が気を利かせればとも思う

そのような中、とても良い話しを聞いた
いつも同じタクシー会社の車に乗って来る方が居る
そのタクシーは、いつも診療を終えるまで待っているのである
長いときは、1時間以上も待っているのである
だから、お待たせしないように注意をしていたのだが…

チョット料金の事で疑問に思って聞いてみた
聞くところによると…
その待ち時間には、料金は発生していないそうなのである
往復の運賃のみの請求で良いそうである

「どうしてですか?」と聞くと…
「動物と言えども家族ですよ
 しかも病気になって、動物病院へ来てるんですよ?
 そのような事情の場合、待ち時間の料金は取らないように
 社長の考えですよ!!」
そう答えたとか…
世の中、そのような会社が身近にあったとは…

暁ちゃん
  • 2008.08.09 Saturday
  •  
我が家の新入り猫である
暁と書いて「あき」と読む



先住猫の宙(ちゅう)が、育児係となって子育てをしてる
ちなみに宙はオスである


夕焼け


茜色の空が群青色に変わる時
その瞬間が好きです


Miss レン
  • 2008.08.02 Saturday
  •  
やんちゃ坊主だけど、横に来てチョコンと座ってたり
お腹出して「触って!」ってゴロゴロしたり!
今晩も一晩中夜遊びかなぁ〜


Profile
Search
Recommend
老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
若山 正之
我々の考える老齢管理と、実践をメインにした内容です。一生懸命に書きました!
Mobile