<< December 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
大晦日
今年も終わる
何だかんだと言っても365日が過ぎた
長〜い1日もあったが、過ぎ去った1年は早いものだ

明日、また新しい1年がやってくる
どんな日々が、やって来るんだろう?

朝、眼が覚めたときにホットする
「ぁぁ〜今日も、やって来た」
何でか知らないが、そう思う時がある
これからの毎日を大切に生きていきたい!

健康飲料

コンビニの冷蔵棚の中のコーラーの横に、見たことも無い飲み物が…
「グルコサミン??」
世の中、健康ブームとは言え…こんな飲料物まであるとは

乳酸飲料

よ〜く見ると
“ふしぶしの健康に 毎日のむ グルコサミン”って書いてある
しかも210円
買ってしまった

味は、カルピスとヤクルトを足した感じで…
チョット、カルピスが勝っているかも
後味は…無い

 グルコサミン 1200mg
 コンドロイチン 50mg
 コラーゲン 500mg
 しかも乳酸菌飲料だから、乳酸菌も入っている

どれだけ、体の中に吸収されるのだろう?
含有量が多くても、それが問題だ
飲んでも、胃酸で壊されたりしちゃ意味が無い

脳が無い?
スタッフである、のりごろうの飼う猫が鼻が詰まって鼻水が出る
鼻水が出始まって1週間
薬にも反応が悪く、心配は増すばかり
鼻汁の培養をして、何の細菌に感染してるか検査したが…
細菌、真菌とも陰性の結果から、感染症では無い

鼻の中に腫瘍があるのか?
鼻の中の病状はレントゲン写真を撮っても、なかなか分からない

「ん〜これってCT検査の方が良いんでしょうか?
 それともMRI検査の方が良いんでしょうか?」
のりごろうの頭の中には、悪い事が渦を巻いている

この猫は、今春にMRI検査から中耳炎と三叉神経麻痺が分かった子だ
「現在の、耳の状態も知りたい…」
そんな事で、検査センターにCT検査依頼をする事になったのだ
その検査の日が、今日である

CT

犬猫のCT、MRI検査は、人と違い全身麻酔が必要である
予約に時間に検査センターへ出向き、立ち会いで検査が進められた
検査しながら、検査センタースタッフの説明が行われた

「ん〜ノウは無いですねぇ〜」
「…」
検査センタースタッフの説明に、のりごろうは無言である

「MRIじゃないのでハッキリは言えませんが、ノウは大丈夫そうですよ」
「??あのぉ〜ノウは無いですよね??」
「はい、ノウは溜まってはいません」
「??」

どうも、膿と脳がゴチャゴチャになってるらしい
鼻の中に、膿(うみ)は無いって! そして脳みそは大丈夫だって事!
漢字で書けば意味が通じるが、話し言葉じゃ難しい事もある


今日のウンチ
  • 2007.12.19 Wednesday
  •  

事故だったのか腸が皮膚の下に飛び出、骨盤を骨折した子猫が保護された
最初の病院で、腸の整復手術が行われた
しかし骨盤はオペせず、そのまま
そのためか、骨盤が変形してウンチの通り道が狭くなり便秘に
いわゆる腸閉塞状態となり、吐き気までが出てきた
そんな状態で、当院にやって来たのです

お尻からは、血が…
ガリガリに痩せて、毛はゴワゴワ状態
食べることも出来ずに、うつろな眼
しかも検便すると、イソスポラ(コクシジューム)がいっぱい

そんな子が、こんなにも元気になりました
今、新しい里親さんの所で元気に…と言いたいのですが

今日のウンチ

実際に元気いっぱいで、遊ぶことも一生懸命な子です
でも、腸が自分で動きません
そのため、ウンチを軟らかく薬と腸を動かす薬を飲んでます
そしてお腹を、マッサージ!

毎日の看護生活は、とても大変です
優しい里親さんは愛情いっぱい!
ウンチの状態確認のため、“今日のウンチ”そんな件名の写メールが、明日も届きます

タイトル案
共同通信社からの依頼で書く、老犬管理についての原稿のタイトルを考えなくちゃなりません
全国地方版15社以上で、週1回12回連載の予定だとか

ともちゃんがイラストを描く事が決定してます
タイトルは、ダジャレ的でも良いかと思うのだが
ひねると言っても…なかなか難しいものがある
当HPである「Nyanとかシロ」は「何とかしろ!」をもじったのだが…あらためて考えちゃうと難しいモノがある

  Dr.Nyanの老犬生活
  Dr.Nyanの老犬日記
  老犬生活
  Nyanとかシロ
  Dr.Nyanの老犬生活指南  
  太〜く長〜く元気に長生き
  わんっランク上の老犬生活
  Wanのシニア手帳
  シニア犬康手帳
  シニアライフは、これだWan!
  happy老犬ナビ!
  老犬ナビ!
  これだWan!老犬ナビ

ぁぁ help me!!
何か、良いタイトル案ありませんか?

感謝状の入った盾を頂いた
動物病院で扱う、療法食のメーカーからだ

表彰盾「

最初、その話を聞いたときは疑問がいっぱい
「何で?どうして??」
話を聞くにつれ、さらに疑問が
「全国14番目?関東で4番目?そんなに扱っているの??」

メーカーのスタッフに疑問を投げかけても、返事は同じである
「本当の、事です!」
「あまり売れていないんですね?」
取扱量から考え、そう質問すると…何と
「当社のシェアーは、日本で三番です!」
と自信を持ってハッキリと答えるのである

「ん??三番目??」
全くの予想外の答えである
「一番はウォルサムですよね?」
ここの取扱量から推測し質問してみた

「はい、あの会社は凄いですよね!」
返事は、予想通りである
ウォルサムの実力は、他社も認める

「で?二番目は?」
「ヒルズ社ですね」
当然と言えば、当然の返事ではあるのだが…
と言う事は、この会社は○○○社の販売量よりも多いって事なのだ
何となく腑に落ちないのだが…事実なのであろう

そうだ、これって我が家の猫たちも食べている物のメーカーだ
実に良く食べるし、健康状態も良好である

日本で一番扱っている病院は、当院の倍とか
じゃぁ〜倍扱うように努力すれば、日本一になれるかな?
“じゃぁ〜やってみようか??”
そう思わせるのは、メーカーの思うつぼなのか?

Profile
Search
Recommend
老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
若山 正之
我々の考える老齢管理と、実践をメインにした内容です。一生懸命に書きました!
Mobile