<< June 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Latest Entry
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
客人?その3
大きく枝を広げた木の小枝に蜂の巣が
幼虫の頭が動いてるのが見える



蜂は1匹しかいないけど
カメラを向けると威嚇しているかのように羽をブルブルさせてる

ちなみにこの木
「ネコノチチ」って言う名前だ

誕生
駐車場の木立の中にある巣
その中から、毛がポヨポヨの雛が顔を出した



卵が2個あったのだが…
1羽、顔が見えた

巣立ちまで、丈夫に育てよ!
そして母鳥のように、帰って来いよ!

大掃除?
事務所の掃除が終わった所で、なっちゃんがポツリ一言
「何で、今の配置になったんだっけ?」
「配置??」
「机の…」
「???」

急に聞かれても、そんな事は思い出せない
「模様替えしたいんですけど…」
「??」
「急に何ですがぁ〜良いでしょうか?」
急な提案に、否定する大きな理由も無いので了承した

しかしすぐに後悔に…
それは…なっちゃんの再度の一言である
「配線は、各自お願いしまぁ〜す!」

事務所は、様々な機材の山である
しかもそのほとんどが、私の管理下にあるものばかり

午前の診療が終わって、事務所に戻ると…
「ぉぉぉぉ30畳の部屋、良く短時間に頑張った!」
と言いたいが…
見た目は整然としてるが…

デスクの下の潜って…配線のやり直しである
潜ること、1時間チョット
その間に思い出した
何で、今までの配置にしたかを
ん〜模様替えして失敗した!

がんばれぇ〜
  • 2008.06.23 Monday
  •  
オッパイの出ない保護猫の母ちゃん
保護者との話し合いの結果、当分ここで子育て生活になった

保護者は、育ての親にはなれないらしいとの事から…
子猫の行く末を心配していたスタッフ達は、ホッと安堵
我々の葛藤も知らずか、親子はノンビリと暮らしてる

子猫たちは可愛い
母ちゃんは、美人だ!



心優しい里親さんが現れる事を、祈ってる!

僕さ〜
生まれて1ヶ月チョット
ちょい体調不良で…



「オスでも僕さ〜
 メスでもボクサー」
そんなダジャレを言うスタッフがいるが…

ちなみに、耳の垂れたボクサーって可愛くありませんか?
「ちなみに、僕はオスさ〜!」

認知
  • 2008.06.20 Friday
  •  
帝王切開した保護猫がいる
手術翌日から、良く水を飲んでフードを食べるのだが…
子育ては放棄していた
いくら子供を側に置いても、生みの親は見向きもしなかった

ヒトが保育をするのは、とても大変である
でも育ての親になって、やるしかない
排便、排尿、授乳…体重測定…
育児の合間に生みの親に仔猫を引き合わせ、乳首を吸わせるのだが…



その甲斐あって、生みの親が仔猫達にオッパイを吸わせ始まったのだ
あまり乳は出ていないので、育ての親が授乳は続けるのだが…良かったぁ〜

同い年?
ノリゴロウの飼う猫、チョビが日帰り入院を続けてる
腎機能、肝機能が悪い
しかも椎間板ヘルニアも持っているので、便秘にもなっている

毎日輸液と、レーザー療法を行っているのだが…
やっと、体が動かせるようになった
そして顔つきもだんだん明るくなり、食べ出した

「チョビ何歳?」
「○○歳」
「超〜年寄り猫じゃん!」

「ん??あやちゃんと同じ年齢?」
「そうかぁ〜○○歳…」
「一人はガタガタの婆さん、一人はピチピチかぁ〜」



そばで話しを聞いていた、あやちゃんが…ぽつり一言
「何か、複雑な心境です…」

チョビ!
長生きしてギネス新記録に挑戦だ!

お産
  • 2008.06.17 Tuesday
  •  
保護された猫がいる
妊娠してる
しかも鼻炎で鼻水が飛び、呼吸が悪い
食欲も無く、栄養状態は良くない

保護して2週間
その間の治療の効果も出てきて、顔も綺麗になり美人さんに
そして母猫は、スリスリのなつっこい猫に…
しかも食欲も旺盛になり、体重はやっと3キロにもなった

先週末、体温の低下から出産も間近である事が確認
しかし今日になっても、母猫は産む気配が無い
エコーでは胎児は生きている…
母と胎児を救うため、帝王切開を決断



オスが4匹、仮死状態で生まれた
出産3時間後
まい先生達スタッフの看護努力のかいがあって蘇生
母猫は仔猫を認知する気配なし
明日からの子育てが大変かも

躾が必要なのは…
散歩の途中か、毎日のように当院の敷地内に入りオシッコをさせて行く飼い主がいる
敷地外から、約10メートルも奥まった場所にである
スタッフが手入れしている花壇の中に、犬を入れ荒らすこともシバシバである
現場を見つけるたびに、注意するのであるが…



「この犬、お宅の庭が好きだから!」
「犬のやることは、止められないからね!」
「犬は我慢できないんだよ?」
と、言い訳をする
しかも、全く悪びれた様子も無い…

ウンチも垂れ流しになってる事もある
このような飼い主は、何を言っても無駄!無駄!
社会性が、全く無いのである!
犬の躾の前に、飼い主の躾が必要である

老齢管理とモンシュシュ
老齢管理に於いて、皮膚の健康を維持することはとても大切です。特に寝たきりになると、排泄で汚れた下半身が皮膚炎になりやすく、床擦れも起こりやすくなります。

皮膚の洗浄を風呂場で行っても良いのですが、「寝たきり」の場合には難しいこともあります。そのような時には、シャワーを使用するよりも大きな洗面器やベビーバスにぬるま湯を汲み「モンシュシュ入浴剤」を使い洗う方法をお勧めしています。洗面器やベビーバスなら、寝床に近い場所でも洗浄できますし、呼吸器障害を持つ場合には浴室内に水蒸気が立ち込めると呼吸が辛くなることがあるからです。



「モンシュシュ入浴剤」を溶かしたぬるま湯の中に入れ、ゆっくり皮膚の汚れを落とします。湯に浸かることで汚れが浮き上がってきますので、皮膚をゴシゴシ擦ったりせず指の腹で優しく触れるように洗います。またすすぎを必要としませんので、吸水性の高いタオルで充分に水気を吸収させた後、毛を乾かします。

小さな汚れは「モモンシュシュ美容液」を汚れの部分にすり込み、ぬるま湯で流してもかまいません。またスプレー容器や洗瓶に「モンシュシュ入浴剤」の溶け込んだお湯を入れ、かけながら洗ってもかまいません。体の下にペットシーツを敷いて、体から流れ落ちる水を吸わせながら行うと、後処置が楽になります。

「モンシュシュ入浴剤、モンシュシュ美容液」は、シャンプーの手間を省くことが可能でありながら、高い洗浄力を持ち皮膚の健康を維持できるアイテムとしてとても良い製品です!もちろん健康な子を洗うのにも、とても良い製品と思っています!

落書き
  • 2008.06.12 Thursday
  • 学校
  •  
小試験を行った
内容は前回までの講義の内容である
さほど難しい試験では無いのだが‥‥

見回すと、サラサラと書いている生徒がいる
その生徒の手が止まった
「終わったの?」
「はい!」

その言葉に、生徒の机の所まで行ってみると‥
何と机の上にドラえもんの絵が書かれてる

「全部、答えられたの?」
「んん」と首を横に振る



ん〜絵に描いたドラえもんが…
その四次元ポケットから、解答マシンでも出てきたら面白いだろうな

客人?その2
雨が続くと、木の芽吹きも良くなる
また花々が綺麗にもなる
そんな草木の陰には、様々な生きものが住んでいる
今日は、でんでん虫が歩いてる



小さな虫だが…
雨が当たった感じは、どんな感じなんだろう?
我々がバケツの水をかぶったような感じなんだろうか?

眼に、雨の滴が当たったら…
すごい衝撃なんだろうなぁ〜

背中にしょってる殻に、雨の滴が当たったら…
殻の中には、どんな音が響くんだろう…
想像が出来ないぞ

客人?その1
今年も、客人の一人がやって来た
毎年、何らかの生き物が一時期やって来る



駐車場の植え込みに巣を作った鳥がいる
手が届くような場所、しかも丸見えである

まだ巣作りのみで、卵は産んではいない
気がついても、驚かさないようにして欲しい

謎の行進
アリがエントランスを横切るように、行進をしている
何を運んでいるわけでも無く、歩いてる

どこから来たのかな?と思い、アリの歩いて行く方向とは逆に歩いてみる
エントランスから、植え込みの中を出たり入ったりして‥‥外の歩道に出ている
歩道を歩き、病院の敷地沿いに‥‥
そして裏口の前を通り‥‥


ん???
病院の建物の周囲を一周してるぞ??
その距離、100m以上である
いったい奴らは何を考えて行進しているのであろう?

Profile
Search
Recommend
老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
若山 正之
我々の考える老齢管理と、実践をメインにした内容です。一生懸命に書きました!
Mobile