<< September 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
雨の中
足場の作業を続けてました
焦るわけでもなく、淡々と仕事を続け終了


木工事が始まった
大きなクレーン車が入り、木工事が始まった
何となく、建物の全体像が感じ取れる



東京国立博物館
東京国立博物館に行ってきた
上野公園に隣接し、国立西洋美術館、科学博物館住所など周囲には様々な建物が建っている
特に、国立国会図書館の支部図書館として設立された国際子ども図書館には眼を惹かれた
国際子ども図書館は、国立の児童書専門図書館なのだが…
東京都の「歴史的建造物」にも指定されているくらい、趣がある
また東京国立博物館も、歴史ある建物で感慨深い

定時に、講演が開始された
演題の上に上がると、知った顔がちらほらと
中には手を振って下さる方も
その方たちの顔を見た瞬間、ス〜っと緊張もほぐれリラックス



なぜか全く知らないヒトの前に立つと、あがってしまう性格なのだ
しかも平常心に戻るのに、結構時間がかかるのだ

講演が始まった
客席を見渡すと、寝てるヒトがいる…
クソ〜と思い声のトーンをあげるが、効果なし
ん〜そりゃぁー当たり前だ!

持ち時間の40分は、内容的には短い
言いたいこと知って欲しいことが幾つかあるので、時間配分が難しい
タイムキーパーに支えられながら、無事に終了

その後、パネルディスカッションが行われたのだが…
講演よりも疲れた〜



与えられた仕事は無事に終了!し、環境省の方々などと反省会
私の講演の評価が、気になるところだ!

講演概要
明日、東京国立博物館平成館講堂にて講演を行うことになっている
動物愛護シンポジウムの中での基調講演である
今回のテーマは「めざせ!満点飼い主−ペットの高齢化について考える

私以外に、
日本獣医生命科学大学准教授の鷲巣月美氏
ヤマザキ学園副校長 井上留美氏
犬のしつけ方教室ドルチェカーネ中塚代表 中塚圭子氏
の講演もある

今回の私の講演テーマは
「老齢管理で大切な四つの病気を知って、太〜く!長〜く!生きよう」

【要旨】

最近「アンチエイジング」という言葉を良く聞きます。このアンチエイジングとは老化を防ぎ若返りを促す「抗老化」「抗加齢」の事です。老けたくないといくら努力しても、「老化」はすべての生き物に共通に与えられた生物学的なプロセスで、避ける事も止める事もできません。

若い時は健康管理が十分に出来なくても、何ら問題も無く元気に暮らす事が出来ます。しかし老化が進むに従い病気に罹る事が多くなり、それらの中には若い頃の生活習慣が原因となるものもあります。例えば肥満からは「関節疾患」を、また歯磨きが出来ずに「歯周病」になれば心臓病や腎臓病など内臓に重大な病気を誘発する事になります。老齢期の病気には、その時期からケアーを初めてもすでに遅いものもあります。

また犬の老化のスピードはヒトに比べて、相当早いものです。そのため老化のサインだけでなく、体の中で起きている大きな変化までもを見逃してしまう事があります。老齢期を快適に暮すには、早期に病気をを見つけ出し対処していく必要があります。

その病気とは、歯周病などの歯科疾患、弁膜症などの心疾患、椎間板疾患などの骨・関節疾患、甲状腺疾患の四つです。

歯科疾患の一つである歯周病は、その痛みから食欲や元気もなくすだけでなく、歯肉の血管から細菌が入り込み、心臓病や関節疾患、腎臓疾患など、体中に様々な病気を引き起こす原因となります。たかが歯石と思っていては、いけません!

心疾患を起こすと、血流の維持が出来ず心血管系を含む多くの組織や器官に悪影響を与えてしまう事が知られています。聴診で心雑音が聴取はできるが、まだ症状としては出ていない時期を逃してしまってからでは治療が間に合いません。

膝や肘などの関節の磨り減りや、椎間板ヘルニアや変形性脊椎などの骨関節疾患では、患部の周辺に痛みが起こります。これらの痛みから体の動きが悪くなるだけでなく、食欲や元気もなくなるなど、様々な症状がみられるようになります。

甲状腺ホルモンはエネルギー代謝、たんぱく質代謝、糖質代謝、など身体の様々な代謝に作用するホルモンです。老齢犬に多く診られる甲状腺機能低下症は、まるで普通の老化現象のように見えるため、とても気が付きづらい病気です。

このような病気にも負けず長生きする秘訣は、一に「飼い主さんの愛情」、二に「食事や飼い方などの飼育環境」、三に「獣医師や動物看護師の技量」と思っています。

動物がヒトと大きく異なる点は、「自分の意志で生活を改善する事が出来ない」事です。
そのため愛犬の生活の質を改善するには、飼い主さんの意志でしかないのです。飼い主さんが愛犬の何らかの兆候に気付き、生活を改善する行動を起こさなくてはなりません。老化のサインを見つけ出すのも飼い主さん、体の不調を見つけ出すのも飼い主さんなのです。
そして手当をするのも、動物病院に連れて来るのも飼い主さんです。飼い主さんの愛情なしには、健康で長生きは出来ません。

またいくら愛情があっても、行動が伴わないと健康には暮らせません。生きるために食べなくてはならない食事も、その内容がとても大切です。また住む環境や心理状態によっても、健康に大きく左右します。そのため、より良い食と住環境をつくる事がとても大切なのです。そのため病気であっても老化であっても快適に過ごすには、飼い主さんの愛情と住みやすい環境が不可欠だと思います。

そして飼い主さんをフォローするのは、豊富な知識や経験などを持つ獣医師や動物看護師の技量です。我々動物病院スタッフの仕事は、病気を治すのでは無く動物たちの持つ自己治癒力を手助けをする事、また飼い主さんに対して様々な情報を提供し理解と納得の元で良い老齢管理が行われることが重要になります。

時の流れる早さはすべての生き物に対して同じででも、老化が進む早さには個体それぞれです。高齢に見られる様々なサインのすべてが、老化現象とは限りません。中には病気による症状という事もあります。そのため「歳のせい」と決めつけたり、「歳だからしかたない」の一言で済ませてはなりません。
また飼い方によって命の長さが左右されてしまう…それがヒトに飼われている動物の宿命なのです。愛犬愛猫の老いを認識し、これから明るく楽しく元気に暮らすにはどうしたら良いのか一緒に考えていきましょう!

基礎
コンクリートが流されてる
見てて、飽きない


基礎の鉄筋
基礎の鉄筋工事が、ほぼ終了した
今週中にコンクリートを流し込むそうだ
その量は、コンクリート・ミキサー車で最低でも35台だそうで…
そうは言われても、全くわからないが…



数日前に、基礎の周囲に厚めの白い板が入った
何だろう?と思い、監督に聞いてみると…
基礎が、外温の影響を受けづらくするための断熱材だとか



今度の建物のコンセプトの一つが「優しい環境」である
そのため、メインの暖房に床暖房を採用した
白い板は、暖房時に基礎から熱が逃げるのを防ぐためのモノだそうだ

もう秋
日中はまだ暑い時もあって陽射しが夏を思わせるけど
夕方になるとすっかり秋らしくなるねっ



その反面、涼しい風が寂しく感じたりもするなぁ…

エナメル上皮線維腫・2


年齢は、もうすぐ18歳
基礎疾患として、
貧血、弁膜症、甲状腺機能低下症、変形性脊椎症を持っている
飼い主の希望でOPになったのだが‥‥



OP後
うっとおしさが無くなったのかな?
今までになく食欲バリバリ、飢えた子状態
鎮痛剤が効いて、腰の痛みも感じないのかな?
シャキッと立って、シカシカ歩いてる

長寿
ギネスブックには、犬の最長寿はオーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイ、29歳と書いてあったのだが‥


Anti Aging?With Aging!
よく「年相応に…」と…
髪型、服装や身なり、体力にしろ様々なところで言われてます
その中で、先日気になったのが「頭脳年齢」
皆さんも、記憶力や判断力などの衰え状態が気になりませんか?

「頭脳年齢」を知るゲームがあったので、気晴らしにやってみたのだが
最後に、結果の判定があり…
「実際の年齢と比べて、あなたの脳は年相応と言えます。」
  …年相応なら、チョイ安心!
   しかし、何となく悔しいので再挑戦
「実際の年齢と比べて、あなたの脳は若いと言えます。」
  …ん〜若いなら許す!

そう言えば年始めに脳のMRI検査を受けたのですが、その時も
「脳に萎縮が診られますが、年相応ですねぇ〜」って言われた
その時は、「脳に萎縮」と言う言葉に超ショックを受けたんですが
「年相応ですねぇ〜」と言う言葉で、何となく諦めの境地に!
どんなに頑張っても、脳の衰えは避けられません

世の中、良く「Anti Aging/アンチエイジング」と言います
「Antiアンチ」=「抵抗する」「逆らう」、
「Agingエイジング」=「老齢化」「老化」のことで
「抗老化」「抗加齢」のことを意味し、少しでも老化の速度を遅くすることです

しかし…Anti Agingとして老化に対抗するには、結構努力が必要かもです
だから「With Agingウィッズエイジング」=「老いと共に」「年と共に」に考え方をシフトし、年齢にあった生活をするようにしよう!と思ったのですが…
でも〜老けないように頑張ろう!

Profile
Search
Recommend
老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
若山 正之
我々の考える老齢管理と、実践をメインにした内容です。一生懸命に書きました!
Mobile