<< January 2011 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
人獣共通感染症
米医学誌「Emerging Infectious Diseases」2月号に掲載された報告によると、健康に見えるペットでも、ヒトの疾患の原因となる寄生虫、細菌、ウイルスをもつ可能性があるという。
250種類の人獣共通感染症(zoonotic disease)のうち100種類以上が家庭で飼われるペット由来のものであると、報告の共著者の1人である米カリフォルニア大学デービス校獣医学部動物疾患学教授のBruno Chomel博士は述べている。

人獣共通感染症の年間発生数は正確に把握されていないが、Rabinowitz氏は「米国では年間数百万例の感染症がペットとヒトの間で伝播しているのではないか」と推測するとともに、「それがペットによるものだとわからない症例も多数存在すると考えられる」と述べている。

近年、米国医師会(AMA)、米国看護師協会(ANA)、米国獣医師会(AVMA)の支援による「One Health」と呼ばれる取り組みで、医師と獣医師が十分に情報交換し、連携していくことが推進されている。米国疾病管理予防センター(CDC)によれば、ヒトの病原体の約60%が人獣共通であるという。Rabinowitz氏は双方向の感染について、「動物からヒトだけではなく、ヒトから動物にも疾患の感染がみられる」と指摘している。

原文 [2011年1月20日/HealthDay News]

HJS 2011年次大会
我々の仕事は長時間であり、休みは不確定な中で行われている
そんな我々に必要なのは“時間”

その時間の無い我々が効率よく知識を取り入れるには、実際に診療している獣医師、看護師から学ぶ事である
今年も多くのセミナーや学会に出席し、日々進歩した情報を収集し勉強していきたい

今回のHJS 2011年次大会の場所は、昭和女子大学
今日と明日の2日間である
各日終了は、夜の8時過ぎ

その内容は…
猫の眼科学、猫の巨大結腸症、猫の行動学、猫の皮膚疾患、骨折治療のBasics
猫の画像診断、猫の麻酔と疼痛管理、猫の横隔膜ヘルニア、猫の臨床、猫の呼吸器疾患

すべてが、犬とは異なった病態と転機を示す「猫の疾患」に対しての話しであった

 新しい話しは知識として吸収!
 知っている知識は復習のためとして!

今回もまた日々の診療に即役立つ講演で、とても有意義であった

超難産…
猫は便秘になりやすい
特に老猫は!



その原因は色々ある
例えば…腰痛
 老猫には結構多いんですよ!


対処方法は
 お腹のマッサージ
 水をいっぱい飲ませる
 可溶性繊維で出来たフードを食べさせる

ドラキュラの歯型?
猫に噛まれた



傷は小さい…
 なるほど噛み傷は、小さな「点」に見える
 ドラキュラの歯形?って感じだ
しかし傷は深い…

見た目大きいのは、歯が擦れた傷
こちらは傷は浅い

猫に噛まれると赤く腫れる
腕に腕章をしてるみたいだ


褥創
「褥創」とは「床擦れ」の事です。
褥創の原因は、病気や老衰の為に「寝たきり」の状態になり、自分の重さで皮下組織や筋肉に血行障害を起こした結果起こるもので、腰や肩、肘、顔の頬など、皮膚の下にすぐ骨があるような場所に多く見られます。
症状的には、皮膚が赤くなった程度から皮膚に穴が開いてしまった状態、その傷から骨が見えている状態など様々です。



褥創を治療するにあたって、治癒に大きく関わる要因は、傷の場所、大きさ、深さなどの「傷の状態」、年齢、栄養状態、基礎疾患などです。
しかも傷は一つとして「同じ」ものはありません。
そのため同じ治療をしても、治癒までの経過が大きく違います。治療を行うにあたっては、傷の状態を見ながら適切な治療を行っていく必要があります。

椰子の木に雪が…
雪が降ってる
椰子の木に雪は似合わない…



しかも
すっごく寒い中を雪かきしてる

こんな時は冷えないように!
ホットジンジャー飲んでから、外に出ると冷えが違う…

ホットジンジャーは…
生姜をすりおろして
温めたアップルジュースも入れる
そして蜂蜜とシナモンスティックも入れて、お湯を注ぐ!

陰気な生き物?
毛の中に白いモノが…
よく見るとフケのようなモノが毛に付着している

毛を擦り、取ろうと思っても取れない
触った感じ、プツッとしてる

毛を抜いて、調べてみると…
それは「卵」…
シラミの卵である



犬には「イヌジラミ」と「イヌハジラミ」、猫では「ネコハジラミ」が寄生する
イヌジラミは血を吸い生きるのだが、イヌハジラミやネコハジラミは血は吸わず、皮膚の表面でフケや毛を食べて生きてる

毛に産み付けられた卵はなかなか取れ無い
なので、毛刈りをした方がよい場合もある

何となく、シラミはノミと違って陰気くさい感じがする

猫背
犬も「猫背」になってる事がある



その原因の多くは「腹痛」もしくは「腰痛」である

検査をしてみると…
 椎間板ヘルニア
 変形性脊椎症
 腸の中に「おなら」がいっぱいな「ガスっ腹」

治療方法は…それぞれである!


わんにゃん茶館、収録
本日、NHKのBS2で放送されている「わんにゃん茶館」の収録が当院で行われた

内容は前回に続いて猫に関するものである
  猫の様々な仕草が、いったいどういう意味をなしてるのか?
  猫のとっては、どういう気持ちなのか?等々

わんにゃん茶館には、私の著書である「老犬生活」の撮影に協力してくれたアイラが、茶館オーナーとして出演している
このアイラは頭がすごく良く、「老犬生活」での撮影がスムーズだった事を覚えてる
私への出演依頼も、アイラと何か見えない糸で結ばれていたのかもしれない

私がこの番組に出演したのは、6、7回になるだろうか?
TVカメラは恐ろしい!
録画されてると意識すると、心拍数、呼吸数とも増える
しかも全身の動脈が…脈打つのがわかる
そうなると、緊張状態に陥ってしまうのだ

NGを幾度も出してしまった事もある
撮影中に、何故か急に頭が真っ白になり収録を中断させてしまった事も

この間にお世話になったディレクターさんは3名
皆さん、緊張をほぐそう、気持ちを落ち着けようとして下さった
しかし自分の気持ちをコントロールするのは、なかなか難しいものである

水も飲んでみた
歩き回ってもみた
屋外の景色も見てもみた
結局一番落ち着いたのは、深呼吸!!だった…

この、わんにゃん茶館が番組終了になる
自分が関わった番組が終了になるのは、何か淋しい気持ちになる

新年!
明けましておめでとうございます。
謹んで新春のご挨拶を申し上げます。
昨年中は移転工事のため、長期にわたりご不便をおかけ致しまして誠に申し訳ございませんでした。

当院も皆様のお陰をもちまして、無事に新春を迎えることができました。

昨年は「水中トレッドミル(水中歩行機)」を導入し、足腰の悪い子や手術後のリハビリを行うだけでなく、肥満の子の減量プログラムを開始しました。
また本年度は、心臓や呼吸器疾患等で入浴、シャンプーが困難な子のための機材の導入が予定されております。これら機材は上記疾患以外にも皮膚病の子にも効果を発揮するため、デリケートな皮膚を持つ子の皮膚の健康維持にもお役に立つ事でしょう。

本年も病気の診療・治療を行ういう動物病院の診療業務の枠を超え、『明るく楽しく暮らし、健康で長生き』出来るよう健康維持管理を重点とした施設へと歩んでいきます。
これを機にスタッフ一同一層気を引き締めて、ワンちゃんネコちゃんの健康維持にお応えいたすよう努力いたしたいと存じます。

Profile
Search
Recommend
老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
若山 正之
我々の考える老齢管理と、実践をメインにした内容です。一生懸命に書きました!
Mobile