<< October 2011 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
光線温熱療法(PHT)のセミナー
横浜で行われた、光線温熱療法(PHT)のセミナーに出席した
現在当院で行われている癌の治療方法は、外科手術、化学療法(抗癌剤)、免疫療法であるが、新しい治療法として温熱療法を導入を検討している

光線温熱療法は、癌細胞と健康な細胞の生存温度の上限値が違うことを利用した、侵襲の少ない…副作用がほとんど問題にならない新たな悪性腫瘍治療法として注目されている
これは免疫療法と同じく、慢性疾患や高齢で手術の出来ない子への応用が期待される

温熱療法では、効果を増強するために抗癌剤を患部に注入する
しかも使用する量は、全身投与に比べ少なく副作用がほとんど出ない

治療間隔と期間は…
 1週間に1回を4回
 2週間に1回を4回
 4週間に1回を4回 の合計12回が基本となる
ただ感受性の低い腫瘍は、最初の治療が1週間に2回となるそうだ
また終了した後も、再発状況を見ながら治療を行っていく
1回の治療時間としては20分程度
ただ腫瘍の場所や状況により局所麻酔や鎮静が必要になることもある

温熱療法は、他の治療方法と併用しても行える
今回のセミナーで使用した機材は、体表にある癌を対象としている
そのため腹腔内の腫瘤には、まだ問題が残っている部分が多いように思われた



残念…運動会中止に!
ウェザーニュースで天候を確認し
「晴れると良いなぁ〜」
そう期待しながら準備を進めていた運動会でしたが、天候の影響で本年も中止になってしまい、すご〜く残念です!

今回の運動会会場は、綺麗に整備された足触りのとても良い草地です。
しかし雨で地面が湿っており、濡れた草は「指間炎」の原因になります。
また湿度が高く、循環・呼吸器系の病気の子のトラブルにもなります。
そのような訳で、やむを得ず中止致しました!

思い返せば、第1回運動会を開催したのは1999年11月でした。
その日も、曇り空で風が吹いてました…

そもそも運動会を開催するきっかけは、心臓が悪くて遊べない、癌や慢性の病気で何事にも感心が無い… 
そんなワンちゃんが「楽しく参加できる会」として始まりました。

「皆で楽しく遊ぶ」
単純な事ですが、慢性疾患で暗くなっている子の心を一時的に明るくしてくれます。
実際に、鬱ぎがちだった末期腎炎の子が外に出たがるようになった…
車に乗ってのお出かけを嫌がらなくなった…などの効果も見られてます。

そのような運動会…
ゲーム会と言う方が良いのかも知れませんが…
本年は中止になりましたが、来年は良い天候であると祈っております。
飼い主の皆様方には、これに懲りず参加をお願い致します。

嬉しい一言
お腹の中に腫瘍がある子がいる
CT検査の結果
腎臓、肝臓にも転移してしまっている
気が付いたときには、食欲も元気も…そして動かない

手術も無理、抗ガン剤も放射線療法も出来ない
そんな子の、リンパ球療法が始まった

何かしてあげたい、どうにかしてあげたい
飼い主さんの気持ちとしては、ワラをもつかむような感じなんだろう

初めてのリンパ球療法をして…
初日には全く変化無し…何にも変わらないぞっ!って…

しかし、日に日に行動に変化が出て、階段を上るようにもなってきた
食欲はある訳じゃ無いが、鰹節をほしがるようにも
また目元もハッキリしてきているとか

すべての子に、このように効果が見られるとは思わないが
少なからずも治療を受けた子には何らかの変化が見られてる

そして家族の方の一言
「やって良かった!」が、すっごく嬉しい!

変わらないもの
東京九段下で、メリアル社のセミナーがあった
演題は「心臓を診る」

今まで良かれと思って治療した事よりも、さらに良い治療方法が語られていた
いままで良い薬と思っていたものも、やはり時代の流れかさらに良い薬が出てくる
それにしても、会場に白髪姿のヒトは少ない


老齢の獣医師になると、経験も多いだろう
まぁ〜体調にも問題は出てくるだろうし…遠出はしたくないのは本音だろう
私も、もうすぐ60歳も近くになる
当然の事ながら、佐倉の片田舎から1時間以上も電車に揺られるのは辛い

でも
見た目は変わって、変わらないものがある

そう…
年を取っても知識欲は変わらない
守りの人生になったら、つまらない!

Profile
Search
Recommend
老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
若山 正之
我々の考える老齢管理と、実践をメインにした内容です。一生懸命に書きました!
Mobile