<< November 2011 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
模様替え
12月バージョンの飾り付けが始まった
クリスマスツリーが置かれ、赤い玉が飾られる

赤い玉などクーゲルとも呼ばれる飾りは知恵の実とされ
豊かな実りや幸福などの生きる喜びをもたらすものとされている

今年もいっぱい飾ったよ!

皇帝ダリア
別名、木立ダリアが咲いた
台風にも負けず成長し、その高さは4mにもなっている
大きく育つことから、皇帝と名付けられた花だ



花はピンク色で直径約20センチ
結構大輪の花なのだが、高い所に咲くので小さく見える
これからいっぱい咲いてくる

玄関の左側の大きくそびえてるのが、皇帝ダリアですよ!


紅葉
もみじが…
真っ赤になって青い空に映えてる


朝露
カクテルの花びらに
朝露がキレイに光ってた

続きを読む >>

超音波診断装置LOGIQ“P6”
当院には超音波検査機器が2機種ありますが、本日一機種を入れ替えました
今回導入されたGE社製の“P6”は、今までの超音波診断装置と比べ格段に性能がアップしています



腹部臓器だけでなく心臓もカラードップラーを用い詳しく検査が可能となりました
また状態の悪い心臓病などの子の検査も短時間で終了出来るようになりました
しかも画質が大変きれいで、細かい構造まで良く見えます
そのため猫の肥大型心筋症や犬の弁膜症等の検査には、大きな威力を発揮します

CARD Competition
【名称】 第1回 Nyanとかシロ デザインコンペ

【募集内容】
     クリスマスカード
     お正月カード
     バースデーカード

【提出締切】2011年11月30日

【募集内容】動物病院が飼い主さんへ送る各種カードの作品の募集
       サイズは葉書大、応募枚数は無制限

【送付先】 〒285-0813 千葉県佐倉市石川300
          若山動物病院

【応募方法】期限内に届くよう持参、または送付してください
       提出物の受領を以て、エントリーの完了とします

【賞品】  入選/5000円相当ギフト券

【その他】
 応募作品は未発表作品に限ります
 応募作品は返却しません
 課題に関する問い合わせには応じられません
 参加資格は問いません
 作品に対して、その使用に関する権利は主催者が保有するものとします

旅立ち
シロの子、2頭が母の元から旅だった
名前は「ディップ」と「そら」
ディップは、すごく活発な男の子
そらは、5頭の中で一番ちっちゃな女の子

別れ際に親子の対面をしたのだが…
母と子は鼻先を突き合わせ、いつものような振る舞い
永久の別れとはならないだろうが、感慨深い

生後2カ月チョット
ここへ来ての1カ月間、出来る限りの修行を行った

トイレの訓練!
 ん〜オシッコはほぼ完璧!
 でも〜ウンチは失敗もあるね
服従訓練!
 ん〜顔のどこを触ってもOK!
 爪切りバッチリ!
 歯磨きも〜出来るようになったぞ!

効果音を使用した順化訓練の反応は…
救急車のサイレンの音を聞かせた時は、ビックリ…
こんな子供でも、サイレンの音と一緒に遠吠えするんだ!
でも雷の音は、無反応!

ちなみ効果音は…
実際に近い音の広がりを出すため、BOSE社のウェーブシステムを使用してる
とても重い基材なのだが、その臨場感はすばらしい

ディップとそら…
習った事は忘れるなよ!!

おやつ作り
様々なシーンで使われるのが、おやつ
アレルギーの子には、低アレルギービスケット
何でも食べられる子には、ノッツクッキー



包みの中に入っているのは少ないけど…
綺麗な紙で包みリボンで縛って、手間をかけて作っている
「元気でね」
そんな思いを込めた、おやつだよ!

植え替え
庭の模様替えが始まった
夏の花から冬の花の入れ替えである
今日は約300株の花を植え込む

花は、業者から直接仕入れの契約を結んだ
小売店で買うのとは大違いに、すごくシッカリとした苗が手に入る
もちろん植え込むのは、スッタフの手による

今回も、珍しい色合いの花が植わってますよ!
冬の花たちを楽しんで下さいね!

母「シロ」の傷
子犬達は、産まれてもう2ヶ月が経った
5匹の子の総体重は、母シロの体重を超えている

大きくなった子達は、いまだに母のおっぱいに吸い付こうとしてる
そんな子達が鳴けば応え、せっせと世話をしている
身体を舐め、まるで新生児を扱うかのようにお尻を舐めている
その姿に癒される

そんな母シロは、顔が曲がってる
アゴの骨が折れ、そのまま固まってしまっているのだ
そして頭蓋骨も粉砕骨折し、陥没して固まっている
そんなシロは様々な事に対して恐怖心も持っている

身体だけでなく、心にも傷を持っている
とても、悲しい事だ

でも…
アゴと頭の骨折の原因は?
色々な恐怖心を持ったきっかけは?
話してくれるのなら聞いてみたい…

焦りの瞬間
1日人間ドックを受けてきた
その中の検査項目に「頭のボケ度」的なものがあった
最初に、三つの名前を聞かされ、覚えるのである
「さくら、いぬ、じどうしゃ」
もちろん即、答えられたのだが…

「また後で、聞きますからね?」と
こんな簡単な三つの言葉、忘れるわけが無い!!
そう思って数分後
「先ほどの、三つの言葉を言って見て下さい?」

「さくら…ん????…じどうしゃ」
あれれ??
真ん中は何だっけ??
ド忘れ…

「あら、忘れちゃったの?」
とでも言いたげそうに見える、看護婦さんの眼に…
焦りが
呼吸と鼓動は早くなり、息と心音が耳の中に聞こえる
そして血圧が上がり、汗腺が開くのもわかる

もやもやの頭の中に思いを巡らす事…どのくらいの時間だっただろう?
でも、何でか一言
「ん〜いぬ!」
厳しそうな看護婦さんの顔に笑みが…

「はぁ〜」
超〜脱力!
すっごく疲れた検査項目であった
しかし記憶力の低下は認めざるを得ない事件でもあった

ちなみ日本人間ドック学会の調査での結果であるが
人間ドックを受けた人の中で全ての項目で「異常なし」及び「軽度異常だが心配なし」であった人は約9.5%だそうだ
つまり10人に9人は何らかの異常を持ってるという事になる

自分では健康と思っていても、何らかのトラブルを持っているって事でもある
やはり健康診断は大切である!

いぬのきもち、2月号特集撮影
『抱っこの仕方、掴み方で愛犬のお手入れ嫌いを解決』
の中に掲載する
保定方法やお手入れの紹介の写真撮影を行った



今回の撮影場所は、トレーニング室と処置室

顔回りの手入れの場合
耳の手入れでも
口回りの手入れでも
その保定方法は…ほぼ同じなのだが…
「んんんん…」
あれもこれも同じです、とすることが校正上出来ないらしい

毎回思うが、本を作るとは大変な作業である…

見つけた
ピンクの絨毯
山茶花の花びら…


ねこのきもち、2月号特集撮影
『受診が必要かどうかの見極め付き
   オシッコ・ウンチを上手に採る方法』
の中に掲載する
ウンチやオシッコの採り方を紹介の写真撮影を行った



撮影場所がウンチやオシッコ関係だからなのか??
来客用トイレの横で始まった

実際に本物のウンチとオシッコを使っての撮影である
「ぉぉぉぉ〜このニオイ…強烈!!」
ライターさんもカメラマンさんも、
何とも言えぬニオイの中での仕事だった



第5回国際学術プレミアムセミナー出席
Simpson教授(Dr. Kenneth W. Simpson DVM, PhD)による「 IBD vs リンパ管拡張症」というセミナーがあった

Simpson教授は米国コーネル大学獣医学部、小動物内科学・消化器病学研究室教授で、米国・欧州獣医内科学専門医である

IBDとはinflammatory bowel disease炎症性腸疾患の事で、主として消化管…
大腸、または大腸及び小腸に認められる原因不明の炎症をおこす慢性疾患の総称で、難治性の腸炎を言う

症状は、腸に慢性的な炎症が生じ潰瘍ができた結果…
血便、粘液便、下痢や腹痛などが良くなったり悪くなったりを繰り返すのである

この慢性の消化管疾患に対する考え方、同じような症状を出す疾患との鑑別検査、治療についての4時間のセミナーであった

このセミナーを聞いて新しい考え方を仕入れたのだが…
実に難しい

見た目は…
ちょっと続くただの下痢でも
しかし…
実際には、すっごく奥深い病気でもある

しっかり聞いてきたぞ!
さぁ〜明日からの診療に役立てよう!


Nちゃん:活性化自己リンパ球療法2回目
【疾患】
 腹腔内腫瘍、腎臓内腫瘍、胃粘膜の石灰化
(キャミックにてCT検査評価済み)

【免疫療法目的】
 腫瘍性病変の進行遅延ならびにQOLの維持を目的とし、免疫療法を希望

【治療開始前主訴】
 嘔吐、下痢、発熱、食欲減退〜喪失

【2回目免疫療法処置後経過】
 帰宅後ドライフード食べ、元気・食欲ある
 寝ないで動き回り、家中走ってた
 5〜6歳若返ったような感じがする

【併用処方薬等】
 消化管運動機能改善剤、ヒスタミンH2受容体拮抗剤を服用

【免疫療法方針】
 リンパ球療法時培養用採血3回目
 治療間隔 / 2週間毎

ねこのきもち、2月号特集取材
ウンチは自宅で採りやすいが、オシッコは採れない飼い主さんが多いらしい
そのためウンチやオシッコの採り方を紹介したいとのこと
そして病気が疑われる(=排泄物を病院に持って行ったほうがいい)ウンチ・オシッコの状態の見極めについてもアドバイスするとか

表題は
『受診が必要かどうかの見極め付き
   オシッコ・ウンチを上手に採る方法』

その内容は…
病院を受診する際に、ウンチやオシッコを持って行ったほうがいいものなのか?
ウンチやオシッコを事前に持って行くことで、どんな利点があるのか?
 (診察や検査がスムーズになる?猫にストレスがかからない?)
  ウンチとオシッコで、利点は異なるのか?
オシッコをしている最中に採ろうとするとやめてしまう場合はどうしたらいいか?
砂にお尻をつけてオシッコをしてしまう場合、どのように採ればいいか?
などなど、様々な疑問に答えてる

さてさて…
7ページにわたる内容の出来映えは?

「家族の家」完成
1ヶ月前、柏市にある千葉県動物愛護センター東葛飾支所から、6頭の親子の犬を引き取った
子犬は、母親が殺処分を受ける数日前に生まれたそうだ
そのため、殺処分は延期
そんな事情を聞いて、柏まで引き取りに行ったのが先月

母と、子犬2頭が当院に残ることになった
名前は「シロ、ルーサー、ロイス」

シロは先代からの名前を引き継いだ
ルーサー、ロイスは、スーパーマンがらみの名前である
そんな3頭の昼間に住む家が、ほぼ完成に近づいた



枕木の上にデッキを作り、その上に小屋を建てた
デッキ周囲にはフェンスを回し
小屋にはオイルランプの入ったトーチがかかってる

夜になると火が灯され、ほんのりと明るい
夜は屋内で、小屋には住んでは居ないのだが…
まぁ〜作り手の自己満足とでも言うか
気分的な暖かさを求めたのだが…

いぬのきもち、2月号特集取材
苦手なお手入れを、抱っこと掴み方の見直しで克服する特集の取材があった
抱っこと掴み方は、困りごと別にバリエーションをつけて紹介したいとのこと

表題は
『抱っこの仕方、掴み方で愛犬のお手入れ嫌いを解決』

その内容は…
やり方によって、愛犬がお手入れ嫌いになる理由の解説
そして…
歯みがき、シャンプー後のドライ、シャンプー、爪切り、耳掃除、ブラッシング、肛門腺絞り、涙やけの8つのお手入れについて、できないケース別にお手入れ方法を紹介
おもに抱っこと掴み方の見直しで解決していきたい
そして+αでその他の方法も紹介

今回は、スタッフ達の日頃の業務での保定方法の紹介にもなっている
さてさて…
8ページにわたる内容の出来映えは?

『as』1月号特集取材
月刊『as』は1989年に発刊され雑誌である
これは動物病院などの動物医療現場で働くアニマルスペシャリストをターゲットし、実践で役立つような情報、獣医学の基礎知識や動物看護学などを分かりやすくお伝えする専門誌である
過去に「老齢管理」と言う内容の私の書いた記事を掲載したこともある、雑誌である

今回、「往診と訪問診療(看護)」という事で、取材を受けた
内容は、当院が行っていた訪問診療・訪問看護について
のりごろうと私の二人が、取材に応じた

当院が「訪問診療・看護」を始めたのは2001年である
始めたきっかけは、飼い主さんからのニーズがあったからではない
老齢管理と同じく、今後の当院の歩む方向性の一つとして始まった事業である

人医療では「往診」は突発的な訪問診療のことを指すが、当院の場合は計画的な訪問診療・看護になっている
そのような話をまとめた記事が3-4ページで掲載される

Profile
Search
Recommend
老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
若山 正之
我々の考える老齢管理と、実践をメインにした内容です。一生懸命に書きました!
Mobile