<< April 2012 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Latest Entry
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
捜索!
この時期になると、庭が騒がしくなる。 
“ゲコゲコ、ゲコゲコ”うるさい! 
しかも昼間からだ。 

騒がしい主はカエルである。 
どこから来たのかなぁ〜? 
二方は道路で残り二方は住宅、進入経路は不明である。  

しかも…奴の顔も見たことが無い! 
声のする方に行ってみるが、あとチョットと思うところで無口になる。 
少し離れると、また“ゲコゲコ、ゲコゲコ”と。 
結構、大きな声である! 
探してはみるが、いない! 
どこにも見えない! 



「ん?おちょくってるのかい!?」 
“ゲコゲコ、ゲコゲコ”
「おいっ!!」
“ゲコっ!”

どんな面構えなのか、見てみたい!

打撲!
「顔がぁ〜!」 
「ん?誰の顔が?」 
そう思いながら声のするところに行ってみれば、声の主が我が車を指さしてる。 
その方向を見てみると、なんとアゴの部分が外れてしまってる。 



早々に30年近くも付き合ってる車屋さんに来て貰って相談の開始だ! 
「直る?」 
「直すんですか?」 
「いやぁ〜直すでしょ! 内燃機関調子良好だし!」 
「ん〜内臓は良くても足回りがねぇ〜どこまで直すか…」 

まぁ〜ドアの閉まりが悪い、ナビが動かない、フェンダーカバーにヒビが等々… 
あちこちガタが来てるのは認識はしてた。 
だけど今まで不都合に慣れるか直すかして乗ってきた。 
しかし何て事だ! 

10年近く乗り、しかも走行10万キロになる… 
だが、まだまだ乗っていたいのだが! 

本だよ!
1分で読めるメルマガから出会った3時間のドラマ… 
17名が繰り広げる「おにぎり屋成功物語」 
「ん〜そっか!」と思う事あり!

 

でも開店3か月で「破産」寸前だった店が、アルバイトの女の子に救われるんです。 
この本、読者参加型のチェックリストも付いてて、初心者でも分かりやすい「マーケティング」の話しです。 
「ブランド戦略」って何か、理解出来る本ですよ!

黄色い
嘔吐で来た猫、普通はピンクっぽい口の粘膜が黄色くなっている。 
黄疸だ… 



黄疸とは、ビリルビンという胆汁の色素が血液中に増えて皮膚や粘膜が黄色く見える状態をいう。 

黄疸には、その原因により幾つかに分類されている。 
胆管炎などが原因で胆管が詰まって起こる場合。 
肝炎や肝腫瘍などにより肝臓内の胆汁の流路「胆管」が障害を起こして起こる場合。 
赤血球が過剰に破壊されて起こる場合。 
その原因となる病気を見つけ出し治療しない限りは黄疸は治らない。

メダカの喜ぶ水草
いつの間にか、池の管理は私が専任になってしまってる。 
好きで始めたのだが、しょうがないのだが… 
このところは、自生して欲しくないアオコと格闘の日々である! 

井戸水を使用してるため、栄養が豊富でアオコの生育が早いらしい。 
アオコを網ですくって取り除くにしても、奴らの繁殖力には参ったよ。 
毎日、バケツに2杯は採れるぞ! 

これ食べられたら、すごいかもと思いつつ。 
でも努力の甲斐あって、アオコの増殖量が遅くなって来てる!

そんな池に花が咲いたよ。 
「ナガバオモダカ」 



メダカの喜ぶ水草として売っていたので、植えてみた水草だ。 
この水草、多年草の抽水植物で浅水中や湿地に生育する。 
冬場は枯れたように見える葉が、水の中でゆらゆら揺れて泳いでる。 
すごく丈夫な水草だ!

ノンストップ
この時期は、何かと忙しい。 
ワンちゃんの予防もあるのだろうが、健康診断の多い時期でもある。 

このごろの飼い主さんは肝機能や腎機能などの検査だけじゃなく、甲状腺機能検査や心臓や腹部のエコー検査等々…も望まれる。 
時間のかかる検査は予約をお願いしてるのだが、飛び込みの方もいらっしゃる。 

今日も朝から、採血、レントゲン、エコーとスッタフはフルに動いてる。 
そして夜の9時過ぎ。 
やっと一息! 

と思ったら、またまた急患…
ん!頑張ろう!

そんな事で… 
ぁぁぁ〜
朝起きたら、もう真夜中だよ! 
歳をとるのも早いわけだ…

シフト作り
また夜間診療の当番表を作る日がやって来た。
現在、夜間診療には17軒の地域の動物病院が参加してる。 

各先生の都合もあるので、まずは各先生の月間スケジュールの確認である。 
何せ先生方は忙しく、月の半分も予定が詰まっている方も居る。
その返事を元にリストを作り、当番を当てはめていくのである。 
完成までメールのやり取りが続く! 

当番と言っても、夜の11時までの診療である。 
それも、だいたい月に2回ほど。 

もっと多くの動物病院が参加してくれれば良いのに… 
そうは思うが、これがなかなかである。 
この17動物病院の院長は、全員が地域の皆様に役に立てばと頑張っている。

緊張?嬉しさで?
朝一番から混雑! 
昨日の午前が休診だったのが響いてるのか、メチャ混み! 
だいたいそんな時に、いつも来ないような重症の子の来院がある。 
今日も同じパターンだ! 

でも待ってる犬たちは、皆静かである。 
粗相をする子も少ない! 
もしオシッコをしそうなら、トイレシーツを敷いてキャッチ! 
また事前にシーツを敷いて、そこで待たせて下さる飼い主さんも! 

まぁ〜時たま漏れちゃう子も… 
緊張でチビッチャウのかも! 
そう…中には嬉しくてチビッチャウ子も居ます!
それはしょうがないですよね!

狂犬病注射の会場は…
成田市での狂犬病集合注射の担当の日だった。 
晴れてるから暖かいかなぁ〜と思ったが、寒い… 
まぁ〜雨じゃ無いのが良かったけど、肌寒い。 

注射会場は、公園が多い。 
整備された公園なら、トイレや水道がある。 
しかし今日の会場は…無い。 

寒くて冷えて困るのが、トイレだ!! 
我慢には限界があるぞ! 
とは言っても、チョット物陰でと言う訳にはいかない。 
混んでるときは、バリバリ動いて気を紛らわせるから良い。 

しかし… 
ヒトが途切れ時間に余裕が出てしまうと、頭の中は渦が巻く。 
会場設定をする役所の職員の方にお願いしたい! 
トイレの近い場所を会場にして欲しい! 

チューバッカ
森林惑星キャッシークのウーキー族。 
年齢は約200歳。 
これは映画「スター・ウォーズ」に登場するチューバッカの事。 

スタッフの飼う犬。 
何か、そんなチューバッカに似ている!


進化?
池の中に、変わった姿のメダカが泳いでるのを発見!! 
姿と言い、色合いと言い、メダカじゃ無い! 

メダカの突然変異? 
ん〜ん??? 
グッピー?? 

そう、昨年飼い主さんからグッピーを頂いた。 
その際に「池に放してみて」との事から、池に放したのである

実際に実行はしてみたもの、池の水は45トン… 
1mX1mX1mが45個分の広さであるから、どこに行ったか分からない。 
なので、それ以降グッピーに出会うう事は無かったのである。 
それが何と今、目の前で悠々と泳いでるのである。 

グッピーは熱帯魚として一般には知られてる。 
だから飼育する場合には、水温は熱帯魚と同じ23〜28℃の範囲? 
いわゆる寒さに弱い魚である。 
ところが… 

庭の水は。地下から井戸で汲み上げて使ってる。 
そのため夏でも超冷たい! 
当然だが冬は凍る。 
しかし生き延びた、ガッツのあるグッピーが居たのである! 
自然に適応した生き物が! 

ちなみグッピーとは、発見したヒトの名前だそうだ。

夜間診療当番
約2週に1回、夜間診療の当番が回ってくる。 
19時になると、電話の転送が開始される。 
そして20時から夜間診療開始である。 

その時間になると電話がならなくても、とりあえず待機の態勢をとる。 
身体は待機でも、心の中では電話が鳴らないことを祈ってる。 
と言って、何も無いと手持ちぶたさである。 
まぁ〜何事も無い事は良いことなのだが。 

力が入らない
季刊誌「ぷらむ通信」の原稿期日がとっくに過ぎている。 
なのに書き終わらない… 
ここ数日、午前をまわってるのだが… 

ぁぁぁ〜たった年に4回の事なのに。 
そう思うのだが、力が入るどころか抜けていく。 
膵炎が続いてるので、膵炎について書いてるのだが…

QRコード
雑誌などに、よくQRコードなるものが書いてある。 
これは情報を2次元コード化したもので、カメラ付き携帯電話で読み取りが出来る。 

ちょっと興味があったので、自分用のモノを作ってみた。 
ここのメールアドレスである mail@dr-nyan.com である。 
足跡を入れてみたのだが、コードが正常に読み取れない場合もあるらしい…



ぉぉ…おっとその前に疑問が…  
どうやって携帯で読み込むんだ? 
まず携帯の使い方をチョイ調べてみなくちゃ! 

往診
休みの日以外 
日中の院外の景色を見ない  

休みの日以外で 
院外の景色を見るのは往診の時 
そんな今日は往診の日  

道路が混んでる… 
その理由は  
「佐倉チューリップ祭」へ行く車の列だ 

ノロノロ走る車窓から 
今の時期は 
桜の花が見える 



佐倉の桜も綺麗だぞ! 
警察署向こうの川の辺の並木も 
市役所周辺も… 

のどかだ… 

撮影
ねこのきもちの写真撮影が行われた。 



2012年9月号の「換毛期シャンプーしましょう」用の写真だ。  
猫へのシャンプーの必要性を感じていない大多数の読者に向けて、換毛期にシャンプーすることによって得られるメリットを挙げながら、簡単にできる方法を難易度別に紹介する。 

出演は、小左右衛門、暁。 
今回の撮影も順調に終わった! 

魅せられて
ロウソク 
オイルランプ 
暖炉 
オレンジ色の炎が好き 

院内にも 
あちこちに灯りがともる 


太股の腫瘤
大腿部にある3cm大のシコリの摘除手術が行われた。 
組織生検の結果から、飼い主さんの要望により摘出と決まったものだ。 

11歳、まぁまぁの年齢だ。 
輸液、痛み止め、鎮静剤、局所麻酔、全身麻酔…さて手術開始! 
腫れている部位の皮膚を切開し、目指せシコリと筋肉の間を開き進んだ。 
ん?電気メスで切開していくのだが、思ったより深いかも… 

赤い筋肉の間に白黄色っぽい組織が見えてきた。 
あら? 薄〜い皮膜に覆われている感じがするぞ? 
ひょっとして… 
その膜を切り開いてみると、…あらやっぱり… 
病理検査に出さないと何とも言えませんが、これは脂肪腫! 

脂肪腫とは脂肪組織が皮膚の下や筋肉の間に塊状になって出来た、良性の腫瘍です。
一般的に痛みはありません。 
良性でも、出来た場所によっては生活に不都合を生じる事もあるため、切除した方が良いこともあります。 
また良性であっても、悪性の脂肪肉腫となる可能性があるので要注意の腫瘍です。 

皮膜を破らないように、そっと摘出して行きます。 
もし破ってしまうと、周囲の脂肪組織と区別がつきにくくなってしまいます。 

子育て
また庭の木に、ドバトが巣を作り卵を温めている。 
しかも目線の高さ。 
まるで子育てを見て欲しいかのような位置である。 



だからか
数十センチの距離まで近づいても、覗き込んでも知らないフリ。 
この子の鳴き声だが「こっち来い!こっち来い!」と聞こえる。 

ちなみ巣の場所は… 
個人?情報の保護に関する法律??の関係から
残念ながら教えられないので探してみて下さい!

深呼吸
これからの時期の動物病院は忙しくなる。 
その理由は、狂犬病の予防注射やらフィラリア症関係が多くなるから…と言う。 
なるほどそうかも。 

じゃぁ〜ここはどうか? 
何倍にも来院数が増える訳じゃ無い。 
忙しくても2〜3割増えるだけなのである… 
なのに修羅場状態になってしまった。 

スッタフの数?
スッタフの能力?

その原因は、予想外の腫れ物関連の子達の集中しての来院だった。 
脾臓の腫瘍に始まって、乳腺、肺、子宮、腎臓… 
そして予定外のリンパ球療法の治療も入ってしまった。 

駆け足で移動しても、限界がある。 
同様に機材にも。 

余裕が無くなると、続けてチッチャな間違いを起こしてしまうようになる。 
だからそんな時に、庭に眼をやる事にしてる。 
そして深呼吸を幾度かするのだ。 

“スぅゥ〜ハァァ〜”
ん??
自分以外にそういう事をする余裕のある人がいた。 
すっごく嬉しい。 
そんな姿を見かけただけで、自分のモチベーションも勝手に上昇した。

Profile
Search
Recommend
老犬生活 完全ガイド
老犬生活 完全ガイド
若山 正之
我々の考える老齢管理と、実践をメインにした内容です。一生懸命に書きました!
Mobile